コラム

2021.09.21

【2021年最新】クラウド会計ソフト比較まとめ!おすすめソフト8選

コラム

2021.09.14

経理代行とは?依頼できる内容やメリットデメリット、おすすめサービスまでを解説

コラム

2021.09.14

経費削減とは?ポイントや流れ、効果までを解説!

PICK UP

コラム

【2021年最新】クラウド会計ソフト比較まとめ!おすすめソフト8選

コラム

経理代行とは?依頼できる内容やメリットデメリット、おすすめサービスまでを解説

コラム

経費削減とは?ポイントや流れ、効果までを解説!

LATEST

新着記事

クラウド型経理代行サービスとは?業務内容とメリットを徹底解説
クラウド型経理代行やクラウド会計ソフトは、便利だと聞くけど、どんなサービスなのか分からない、そもそもどれを選んだらよいのかわからないという方は多いでしょう。 クラウド型経理代行は、インターネットを活用することで従来の経理代行に比べ、経理業務の効率を更にアップすることが可能になったサービスです。 本記事では、通常の経理代行サービスとの違いやクラウド型経理代行のメリットをまとめました。クラウド型経理代行の導入を検討されている方は是非参考にしてください。
経理代行サービスの比較ポイントは?おすすめ5選を徹底解説!
経理代行サービスを利用し、経理業務を外部にまかせる会社が増えています。しかし、サービスは数多くあり悩んでいる方も多いでしょう。 サービスによって代行内容にばらつきがあるため、自社に合うサービスなのか、よく調べなければなりません。 そこで本記事では、経理代行サービスを複数調査し、、おすすめサービスを5社ピックアップしました。利用するメリットや利用上の注意点も記載しているので是非参考にしてください。
商工会に記帳代行は依頼できる?料金相場やメリット、デメリットを解説!
全国の商工会では、経営改善普及事業を提供しており、事業の一環として、経理に関する相談・指導が行われています。 商工会が提供する事業の中には、記帳代行も含まれているので、記帳代行を活用したい方におすすめです。 そこで今回は商工会に依頼できる経理業務の一覧、料金、メリット、デメリットなどについて解説していきます。 記帳代行サービスをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。
記帳代行の流れを徹底解説!見積りに必要な書類や依頼の注意点とは?
経理業務を任せることができる記帳代行は、手間や時間のかかりがちな業務を委託できるとても便利なサービスです。しかし、これから初めて記帳代行に触れる場合、不安な方も多いかと思われます。   問い合わせからサービス開始まで、どのような手順を踏み、どれくらいの期間が必要なのでしょうか。   また業者はどの程度まで、業務に対応してくれるのでしょうか。   今回は記帳代行の業務内容や、導入までの流れについて、具体的な内容を詳しく見ていきましょう。
【記帳代行】相場や利用するメリットとデメリットまでご紹介!
記帳業務は、煩雑になりがちな業務で記帳代行を利用する方も多いでしょう。しかし、記帳代行の相場が分からない、経理代行との違いが分からないという方もいらっしゃるはずです。 そこで本記事では、記帳代行を利用した場合の料金相場や、利用するメリット、デメリットを解説します。 記帳代行を導入を検討している方はぜひ参考にしてください。
記帳代行とは?アウトソーシングを行うメリットデメリットを解説
経理業務は、経営上欠かせない業務ですが、その中でも多くの時間を要するのが記帳業務です。 慣れている経理担当者であればいいですが、担当者が退職したり異動することになってしまう場合、他にできる人がいなかったり、新しい人へイチから引き継いでいく必要があります。 こうした場合に、新しく人材を雇って教育していくのであれば、そのタイミングで記帳代行を検討することも一つの手段です。外部に委託するのは不安だったり、費用がかかるのでは、と心配する経営者も多いので、今回は「記帳代行」の特徴やメリット、注意すべき点について詳しく解説していきます。 経理業務をどうするか悩んでいる経営者、個人事業主の方などは、ぜひチェックしてみてください。
【2021年最新】クラウド会計ソフト比較まとめ!おすすめソフト8選
企業の大小に関わらず、経理業務は会社を経営していく中で、必要不可欠な業務の一つです。 しかし、日々の経理業務に費やす時間が取れない、もっと効率よく経理業務を行いたい、という中小企業の経営者の方や、個人事業主の方は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、少しでも経理業務の効率化を図るために効果的な「クラウド会計ソフト」について、ご紹介していきます。従来のソフトとの違いを含め、ぜひチェックしてみてください。
電子帳簿保存法とは?改正で変わることと、経理運用見直し方法を解説
電子帳簿保存法は、国税関係帳簿書類について、電子データによる保存を認めた法律です。 電子化の促進に伴い、内容の一部が2022年1月に改正予定となっています。 今回は、電子帳簿保存法の内容や、改正のポイント、運用見直しの方法についてまとめました。法改正に伴い、社内の経理体制をどのように変化させていけば良いのか、解説していきます。

会計業務の「常識」が変わります!

KANBEIサービスサイトへ